手打地区コミュニティ協議会

ようこそ手打地区コミュニティ協議会のホームページへ(鹿児島県 薩摩川内市 甑島)

‘ お知らせ ’ の記事一覧

手打地区敬老会

日付:2012年09月13日 | メニュー:お知らせ

“平成24年度手打地区敬老会”

手打地区の敬老会を9月17日「敬老に日」に計画していましたが、台風16号の接近が予報されており、出席される高齢者の安全を第一に考慮しての措置として、23日に延期しました。

日 時:平成24年9月23日(日)午前10時~(受付9時~)

場 所:下甑公民館

対象者:手打地区に在住する70歳以上の高齢者であり、243人が対象者

お問い合わせ:手打地区コミュニティ協議会 ℡099699-7-0928

手打夏まつり

日付:2012年07月26日 | メニュー:お知らせ

「手打夏まつり」の開催について

手打地区最大のイベント「手打夏まつり」を今年も下記の日程で、盛大に行います。皆さんに楽しんでいただくために盆踊り・花火大会・お楽しみ抽選会等行います。地元の皆さんは勿論のこと帰省客・観光客の皆さんにも大いに参加していただきたいと思います。皆さんの参加をお待ちしています。

と き:平成24年8月13日(月)~14日(火)の2日間

◎主会場:手打小泊公園

8月13日(月)

1部・午前9時~港舟こぎ競争(手打漁協前)

2部・午後7時~盆踊り(小泊公園)

3部・午後9時~9時30分 花火大会(小泊公園)

4部・9時30分~もち投げ(小泊公園)

8月14日(火)

1部・午後7時~盆踊り(小泊公園)

2部・午後9時30分~お楽しみ抽選会(小泊公園)

以上の日程で行います。盛夏の候ではありますが、みなさんの御出でをお待ちしています。

手打地区コミュニティ協議会・手打夏祭実行委員会℡09969-7-0928

津波避難訓練(本町自治会)

日付:2012年06月19日 | メニュー:お知らせ

“本町自治会では、津波を想定した避難訓練を行います”

・日 時:平成24年6月24日(日)午前9時~

・目 的:「地域住民の自然災害に対する日常の意識高揚と、人的,物的被害の発生及び拡大の防止を図ることを目的とする。」

・実施方法:自治会放送で避難を呼びかけて、薩摩川内市が指定している避難場所(海陽中学校)に、別に配布する避難経路図を参考にしながら、各々身近な避難経路で直ちに避難行動を行う。(徒歩や車で移動する)

・留意点

①災害支援者及び市消防機関等の協力を得て行う。

②避難経路の通行を体験し、確認する。

③高齢者など歩行困難な災害弱者の非難の支援など、支援者による実践を行う。

④避難移動中は、各々、安全に十分注意する。

※以上のようなことに留意しながら,避難訓練を行います。

※お問い合わせ:本町自治会長 内邦弘  ℡09969-7-0457

世代間交流事業(餅つき大会)

日付:2012年01月27日 | メニュー:お知らせ

“世代間交流餅つき大会”

・日 時:平成24年2月5日(日)午前10時~
・場 所:手打小学校体育館
・主 催:手打地区コミュニティ協議会
・共 催:(港・麓・本町自治会)(港・麓・本町高齢者クラブ)(港・麓・本町子ども会)

地域の宝である子供たちと高齢者が一緒に集い、昔ながらの餅つきの技などを伝承しながらお互いの交流を深めることを目的としています。

また、この大会を通じ、豊富な智恵や技を持つ親世代や高齢世代から子どもたちが学び、伝承するきっかけにもしたい。

手打地区秋季大運動会

日付:2011年08月31日 | メニュー:お知らせ

“平成23年度手打小・幼・地区秋季大運動会の実施”

上記の運動会を次のとおり実施します。

ねらい

・心身の健全な発達と体力の向上を図るとともに、公正に行動し、安全に気を付け協力しながら楽しく秋季大運動会を進める事が出来る。

・保護者並びに地域の人々との連携と融和を図り、学校教育に対する理解を深める場とする。

運営方針

・児童の健康安全に留意するとともに、日頃の学習を発表する場とする。

・学校・PTA・地区との協力体制を確立し、目的を達成する。などを目的とします。

●地区にとっても大人と子どもたちがスポーツを通じて集い、親睦を深める年に一度の地域を代表するイベントです。

1・日時:平成23年10月1日(土)午前8:30分開会式~閉会式午後3時の予定

お問い合わせ:℡09969-7-0024(手打小学校)
お問い合わせ:℡09969-7-0928(手打地区コミュニティ協議会)

手打地区敬老会

日付:2011年08月31日 | メニュー:お知らせ

“手打地区敬老会の実施”

手打地区の敬老会を次のとおり実施します。手打地区では70歳以上の高齢者を対象にして敬老祝賀会を行っています。今年度は239人が対象者です。「長年にわたり社会に尽くしてきた高齢者を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨とし実施します。

1、日 時:平成23年9月19日(月)午前10時~(受付9時~)

2、場 所:下甑公民館

3、敬老会式順

1、開会の言葉 2、開会の挨拶 3、祝辞(薩摩川内市長・市議会議員代表・海陽中学校生徒代表)  4、交通安全について(手打駐在所長) 5、祝電披露 6、演芸等となっています。

お問い合わせ:09969-7-0928(手打地区コミュニティ協議会)

手打夏祭り

日付:2011年06月29日 | メニュー:お知らせ

“手打夏祭り大会”
手打地区最大のイベント「手打夏祭り大会」を今年度も下記の日程で行います。多くの皆さんの参加をお待ちしています。
と  き:平成23年8月13日(土)~14日(日)の2日間
主会場:手打小泊公園
8月13日(土)
1部:午前9時~「場所・手打漁協前」(港船こぎ競争・魚のつかみ取り大会)だれでも参加できます。
2部:午後7時から盆踊り(小泊公園)
3部:午後9時~9時30分(花火大会)9時35分~餅投げ大会
8月14日(日)
1部:盆踊り
2部:午後9時30分から「お楽しみ抽選会」(多くの賞品があります。)

※主催:手打地区コミュニティ協議会(手打夏祭り実行委員会)

※共催:手打区(連絡先・09969-7-0928)

(昨年の舟漕ぎ競争・魚のつかみ取り大会・花火大会の写真です。)

手打海開き式

日付:2011年06月13日 | メニュー:お知らせ

“手打海開き式”

手打地区コミュニティ協議会では、下記の日程で海開き式を執り行います。

1・日 時:平成23年6月19日(日)・・・13:30~15:30
2・場 所:手打地区コミュニティセンター下の浜(手打砂浜)
3・日程等次のとおりです。

ア・海開き式神事・・・・13:30~13:55分
イ・初泳ぎ・・・・・・・・・・14:00~14:25分
ウ・スイカ割り大会・・・・14:25~14:45
ェ・海と遊ぶ・・・・・・・・・14:50~15:20分(消防署員による救助法の指導を含む)
オ・閉会式・・・・・・・・・・15:25~15:30

毎年行っている行事であり、参加者は、小・中学校の児童生徒が中心でありますが、保護者を含め約100名の参加者です。海の安全を祈願しての手打地区恒例の行事です。

※荒天の場合、神事だけを手打地区コミュニティセンターで行います。

移住記念碑建立除幕式及び祝賀会

日付:2011年05月26日 | メニュー:お知らせ

“移住碑建立除幕式及び祝賀会”

世に言う天明(1784)・天保(1838)の大飢饉により、やむなく故郷手打を後にし、新天地を求めて、富ヶ尾(現・鹿屋市串良町有里富ヶ尾)・高山(現肝属町肝付町前田上之馬場)へ移住された先人たちの一大有事の史実を後々まで風化することのないよう、移住記念碑を建立し後世に伝えることを目的に麓あけぼの会では、富ヶ尾・高山移住記念碑を建立し、下記のとおり除幕式と祝賀会を開催します。

当日午後2時からは、移住碑建立を記念して郷土芸能「武士踊り」を公開演舞します。公開演舞の場所は手打小学校校庭です。雨天の場合同校体育館で行います。

記念碑建立祝賀会は、下甑公民館で開催されます。移住された子孫の方々が富ヶ尾・高山からも約30名参加されます。

1,移住記念碑建立除幕式:平成23年6月5日(日)午前11時~12時(下甑郷土館)

2,武士踊り演舞:平成23年6月5日(日)午後2時~3時(手打小学校校庭)

3,移住記念碑建立祝賀会:平成23年6月5日(日)午後6時~8時(下甑公民館)

主催は、手打麓あけぼの会が「移住記念碑建立実行委員会」を結成し実施しています。

世代間交流餅つき大会

日付:2011年01月26日 | メニュー:お知らせ

“世代間交流餅つき大会を下記のとおり行います。”

日 時:平成23年2月6日(日)午前9時~12時

場 所:高齢者多目的ホール

主 催:手打地区コミュニティ協議会

共 催:手打地区高齢者クラブ・自治会・子ども会

大会の趣旨

子ども達には、変化の激しい社会で自立していくために必要な「生きる力」の習得が求められる。そのため、家庭や学校だけでなく地域社会の教育資源を活用した世代間交流は極めて重要な役割を果たすことになる。このようなことから当地区においては、子供たちと高齢者が一緒に集い、昔ながらの餅つきを再現し、臼と杵を使った餅つきの技などを伝承しながらお互いの交流を深めることを目的とする。

また、この大会を通じ、餅つきに限らず豊富な智恵や技を持つ親世代や高齢世代から子供たちが学び、伝承するきっかけともしたい。

少子高齢化が一段と進む当地区においては、高齢者と子供達の交流は智恵や技を伝承する機会にもなり、極めて重要な行事であります。多くの皆さんの参加をお待ちしています。